ヒマラヤ小学校支援・緊急支援のお願い


現在ヒマラヤ小学校には、4クラス85名の子供達が学び、学校長を含む4名の教員が活動しています。今後、毎年20名から30名の児童の入学を予定しておりますが、児童の増加に伴い学校運営費の増加が大きな問題となっております。

ヒマラヤ小学校に通う子供達のほとんどは母子家庭や孤児をはじめ、ダリット(不可触民)と呼ばれるカースト制度の中で差別階級に属している家庭の子供達です。(4割がダリットに属しています。)一人でも多くの貧しい子供達が就学の夢を叶えるためにも、無償授業の継続が望まれています。そのためには皆様からの暖かいご支援が不可欠です。

ヒマラヤ小学校としましても、ご支援に頼るだけでなく少しでも運営費用を捻出できるよう、卒業生を対象とした職業訓練の実施により、将来、卒業生が学校を支える仕組みなど、様々な計画を立てています。もちろん現在も経費削減など可能な努力を続けております。


          子ども達の夢を応援してください。

クラーク記念ヒマラヤ小学校では、貧しい子供達が安心して勉強できるよう無料授業を実施しております。また鉛筆やノートといった学用品も全て配布しております。学校運営には学用品の購入や教員の給与(4名)を含め運営には1年間、児童一人あたり1万円の費用が掛かります。

ヒマラヤ青少年育英会では下記3つの支援基金を設け、ご支援をお願いしています。皆様のご理解を宜しくお願い申し上げます。


@スポンサーシップ基金

年1万円の基金で児童1人のスポンサーとしてご支援いただく基金です。ご参加いただく方には、ご支援を受ける児童を紹介させていただきます。
詳しくは
こちらへ


Aヒマラヤ小学校運営基金

ヒマラヤ小学校の運営(維持・管理の他、図書館などの学校整備等、児童の制服等)をご支援いただく基金です。一口、1万円の基金からお願いしています。基金は全額、ヒマラヤ小学校のために使われます。

支援金の使途を指定する事も可能です。現在、必要としている支援については
その他の支援をご覧下さい。団体・法人の皆様には3万円の基金で、3年間のご支援をお願いしています。


Bカレンダー購入支援

ヒマラヤ小学校では子ども達の将来の自立を目指し『ケナフを使った自立支援活動』を進めています。毎年、10月頃に子ども達が育てたケナフからカレンダーを製作し、チャリティー販売を行います。

カレンダーは1枚500円で販売させて頂きます。また20枚単位でご購入いただく方を募集しています。販売促進に、ぜひご協力をお願いいたします。カレンダーの売り上げは一部を自立支援活動のため(ケナフの種の購入など)、残りは全額をヒマラヤ小学校の運営のためにに使われます。ご予約は、下記、東京事務局またはネパール事務局・吉岡までメイルにてご連絡ください。


支援の参加方法

@お名前、Aご住所、B電話番号Cご希望の支援基金、または支援金の希望使途をネパール事務局・吉岡までメイルまたは、下記のあて先へ郵便にてご連絡の上、指定口座へご入金ください。また下記東京事務局でも申し込みを受け付けております。

ネパール事務局・郵便あて先:
G.P.O.Box8975,EPC:2025,Kathamandu,Nepal

*詳細は


国際部 吉岡までメールか電話 977-9851066821 でお問い合わせください。 東京事務局でも問い合わせを受け付けております。

ヒマラヤ小学校・東京事務局

〒169−0075 東京都新宿区高田馬場1-16-17
クラーク記念国際高等学校・東京キャンパス内  
電話03-3203-3600


担当: 大野 雅博 先生 まで

郵便振替口座:
口座番号:10180 57858541
口座名:ヒマラヤ小学校支援会

その他の支援


 ホームページへ    ヒマラヤ小学校通信     2階建設アーカイブス
     
    7月のニュース    ヒマラヤ小学校支援のお願い


















HSF All Rights Reserved