ヒマラヤ小学校通信

本文へジャンプ
2月のニュース February


3、クマール君が弁論大会で3位入賞
ラリットプール市内のプモリ小学校で1日、私立小学校教育向上協力会(UPSBEN)主催の弁論大会が開催され、ヒマラヤ小学校から参加した4年生のクマール・ミザール君が見事、3位入賞を果たしました。

弁論大会にはUPSBENに加盟校する16校から34名の児童が参加。「母なる大地」と「子供の権利」の2つのテーマについて、5分間の制限時間内に自身の意見を論じ、内容や話し方、自信など競いました。

クマール君が選んだテーマは「母なる大地」。クマール君は怖気ずく事無く、堂々と自分の意見を発表し、見事3位入賞を果たしました。入賞を果たしたクマール君は「入賞できて嬉しい。これも、みんなのおかげです。今度は1番になりたい。」と笑顔で感想を話していました。

「母なる大地」と「こどもの権利」について熱く論じる参加者たち



クマール君は「母なる大地」について熱弁をふるった。




審査委員から結果発表。友達の入賞を喜び子ども達 

副賞と表彰状


                                                    文・写真/吉岡大祐
  HSF All Rights Reserved