ヒマラヤ小学校通信

本文へジャンプ
3月のニュース March


7、めぐりの会”みんなのきもち”から、念願のブランコが完成!!(3/24更新)
子ども達の念願のであったブランコが3月23日(日)、校庭(通称:仲良し子ども公園)に完成しました。

長年、ブランコ設置を望む子ども達の声が多かったため、運営委員会で設置について話し合った結果、昨年、めぐりの会「みんなの気持ち」から頂いたご支援を元にブランコを建設することが決まりました。

1月下旬からパタン市内の鉄工所で行われてきたブランコの建設作業は順調に進み、3月23日に全ての部品が学校に届けられました。同日、設置作業が始まると、完成を待ちわびた(試験を終えたばかりの)子ども達が集まり、設置作業を手伝いました。

ブランコの設置が完成すると子ども達は大喜び。 一人20回ずつというルールを作り、仲良くブランコで遊びました。

ブランコの椅子の部分は取り外しが可能となっているため、今後は昼休みと放課後に椅子を設置し、子ども達が自由に遊べるようにする予定です。また放課後は村の子ども達にも広く開放する予定です。

めぐりの会の皆様の温かいご支援に心から感謝申し上げます。

設置作業を手伝う子ども達


一人20回ずつというルールを決め、皆で仲良く遊びました。

先生や友達に押してもらって勢いをつけました。




椅子がなくても、子ども達には問題なし?

セメント袋と麻紐で作った椅子を使って遊ぶ子ども達





                                                    文・写真/吉岡大祐
  HSF All Rights Reserved