ヒマラヤ小学校通信2009


本文へジャンプ
2月のニュース February 2009


4、釣り堀が子ども達に大人気 (2/11更新)
ヒマラヤ小学校で1月26日と2月3日、幼稚園クラスから2年生までを対象にした「魚釣り大会」が開かれ、子ども達は大小、沢山の魚を釣りあげ喜びました。

魚釣り大会に使った釣り堀は、「子ども達に魚釣りを思いっきり楽しんでほしい」と、東京都港区にある虎ノ門健康福祉館「とらトピア」の皆さんから御寄贈頂いたもの。79匹の魚は全て、とらトピアを利用される皆さんと職員の皆さんが生地の端切れを使い、一つひとつ子ども達のために手作りした作品です。

初めての魚釣りに子ども達は大喜び。大会では3分の制限時間に5匹以上、釣り上げる子もいました。また、なかなか上手く釣れない子は上級生が手を取ってサポートしました。

釣り大会に参加した1年生のラヴィ君は「今日は大きな魚をたくさん釣ったよ」と、満足気な表情を浮かべながら、喜びを話しました。

*釣り堀を御寄贈頂きましたとらトピアの皆様のお礼申し上げます。
*釣り堀のプールは東京中央ロータアクトクラブの皆さんにお持ち頂きました。

文・写真/
吉岡大祐

ヤッギャ校長が釣り堀を寄贈して頂いた経緯について説明

なかなか釣れない子は5年生のお姉さんがお手伝い


上手に釣れました。


                                                    
  HSF All Rights Reserved